プロフィール

数ある中から、こちらのブログ、プロフィールを見ていただき、ありがとうございます!

4才と1才の子を持つママ、保育士きいろです。

毎日ドタバタ子育てしつつ、『できる時にコツコツと。』をモットーに保育士に関するブログを更新していきます!

きいろ先生とは?

きいろ先生は、生まれも育ちも愛知県で、ごく平凡に過ごしてきました。

幼少期は、親の顔色、大人の顔色ばかり気にする子供で、大人しいタイプ。

しかし、友達との関係性(普段は大人しいのに友達と遊ぶ時はハイテンション!)を先生に見られると、よくこのようなことを言われていました。

「二重人格みたいだね!笑」

「小さい子のお世話が上手だね。」

「1歩下がって全体をみる性格だね。」

「縁の下の力持ちの中間役だね。」

など“あなたは人を支えるタイプ”といった言葉を小学・中学・高校時代それぞれの先生に本当によく言われていたんです。

それが良い意味なのか良くない意味なのか今でも分かりませんが(笑)

学生時代特有のリーダーシップをとるようなタイプではなく、とにかく私は、幼少期から周りをみる観察力・空気をよむ・小さい子のお世話が上手ということに長けていましたね。
(幼少期ながら自分の性格は好きではなかったですが。笑)

なので、必然的に将来の夢もずっと保育士の先生になると言っていました!

実際のところ、高校・大学はふらふら、ふらふら…。

進路は色々迷いましたが、大学時代から保育関係の仕事のお手伝いをしていたので、やはり“子供が好き、保育士になろう!”と決めました。

そして、第2子が生まれるまで8年間保育士の仕事に没頭!

保育士の仕事と共に、経験してきたことは以下の通りです。

  • ベビーシッター
  • 支援センターの先生
  • 後輩保育士指導
  • 園の立ち上げとして主任補佐

などとあらゆる角度から保育関係の仕事に携わってきました。

現在は、子育てに専念するため休職中ですが、今後も保育士の仕事をしていきたいと考えています!

きいろ先生のたのしい保育ブログを始めるきっかけ

ブログを始める前までは現役保育士として、バリバリに働き、後輩保育士の育成指導をしていました。

保育士の仕事は中々大変ですが、働くことは苦ではなく、それなりにやりがいを感じていました。

一応保育士だし、子育てをしながら、仕事もできるでしょ!と思っていたのが完全に間違えでした…。

まぁ何せ、4才の息子がすごーく手がかかる子で…。
(療育にも行っていますが、親や友達にもよく大変だね〜と言われます。笑)

日曜日以外の朝から寝かしつけまでのワンオペ育児に完全にノックアウトでしたね。

約2年、育児と仕事をなんとなく両立していましたが、どちらも中途半端になってしまうことに私自身すごくイライラ…。

子供に対してもイライラしてしまい、毎日泣いていましたね。

負の連鎖が続き…。

私自身が、子供が、家族が、全て悪循環…。

「このままではいけない。ママの笑顔が家庭の笑顔。」

と夫に言われ、家庭が1番ということにはじめて気付くことができました。

第2子誕生を機に仕事もスパッとやめて、家事は苦手だけど家庭を優先し専業主婦に専念!

それでも、仕事を辞めてからも職場の上司の方と会ったり、同僚・後輩たちから相談を受けるようになりました。

「こんな私でも相談してくれる人はいる。」

「保育士の仕事で悩んでいる人はたくさんいる。」

と感じ、自分のペースで保育の仕事に関われる仕事はないのか調べていたところ、ブログという働き方を知りました。

そして、私の様々な角度の保育関係に携わってきた経験を活かし、その体験談を発信することを決意!

また、保育士としては書かせない文章を作ることのスキルアップのためにもブログを始めよう、と決断しました!

きいろ先生のたのしい保育ブログについて

ブログは、子供ファーストとの内容を心がけています!

それにはこんな想いがあります。

正直、保育士の仕事をしていると子供ファーストからかけ離れていまうことがあります。

仕事量がありすぎるがためです。

特に保育をあまり経験していない先生だと、どの仕事も時間をかけてしまったり、自分の得意なこと・好きなことはとことん時間をかけてしまいがちです。

保育の大事な本質的な問題にまで時間が割けないんですね。

確かに何事にも一度自分で考えて取り組んでみることは大切です。

しかし…。

  • 見栄えの良い自己満の保育になっていませんか?
  • 細かい壁面装飾に何時間もかけていませんか?
  • 誕生会など、他の月とかぶらないことばかり考えていませんか?

など、本当に子供ファーストの保育・教育を第一に考えてやっていることなのか、私は時折疑問に思っていました。

子供ファーストでいること、現場ファーストでいることは常に思ってなければなりません。

仕事量がありすぎるがためを理由にしてはいけません。

目の前にいる子供ファーストな保育を考える時間を少しでも増やせる力になりたいと思いました。

なので私のブログをみて、“保育士さんの仕事効率化や子供ファーストな保育の考えのヒント”に繋がるのなら、という想いできいろ先生のたのしい保育ブログを書かせていただいています!

保育の遊びネタや保育の年間行事、保育士の悩みを体験談を交えて紹介していきます!

文章力はありませんが、わかりやすく丁寧なブログを心がけていきます!

このブログが少しでも悩みの解決の参考になれたら幸いです。