豆まきで保育園の鬼役の配慮は?子供への対応や立ち振る舞いを紹介!

豆まきで保育園の鬼役の配慮は?

    ※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

    保育園で行われる豆まき行事は、子供たちにとって楽しく、思い出に残る一日のひとつですよね。

    特に豆まきをする際、保育園の鬼役は特別な役割をし、子供たちへの配慮が必要不可欠になってきます。

    この記事では、保育士の私が経験から感じた、豆まきで保育園の鬼役の配慮に焦点を当て、子供への対応や立ち振る舞いについて紹介していきます。

    豆まきで保育園の鬼役の配慮は?

    豆まきで保育園の鬼役の配慮は主に以下の2つになります。

    • 豆まきで保育園の鬼役の配慮は、年齢を考えること。
    • 豆まきで保育園の鬼役の配慮は、怖すぎないこと。

    豆まきは楽しい行事でもありますが、中には保育園でする鬼役を怖がる子供もいます。

    子供たちが鬼役を怖がる理由はさまざまですが、鬼役の配慮は、あくまでも“子供たちを怖がらせること”ではなく、“子供たちが豆まきを楽しめるようにする”ことを重点においておきましょう。

    豆まきで保育園の鬼役の配慮①年齢を考えること

    豆まきで保育園の鬼役の配慮1つ目は、年齢を考えることです。

    子供たちはただでさえ予測不可能な出来事があると怖いと感じますよね。

    低年齢児の子供たちは特に、鬼役が突然現れたり、周りがパニックになったりすることは驚きで恐怖につながります。

    低年齢児クラスでは豆まきの計画の時点で、鬼役をだしていいものなのか、考えてみましょう。

    幼児クラスは、きっと気合いを入れて豆まきに挑む子も多いです。

    「鬼やっつけてやる!」

    「鬼なんて全然怖くない!」

    などと言って、保育園の豆まき行事に期待し、楽しみにしている姿も見られます。

    幼児クラスは、豆まき行事で保育園の鬼役がもつ怖さとワクワク感をちょうど楽しめる具合を考えていきましょう。

    子供たちは、年齢によって豆まき行事に対する怖がりや楽しみ方が異なります。

    年齢に合った鬼役の演技を心掛け、子供たちが楽しめるようにしていきましょう。

    豆まきで保育園の鬼役の配慮②怖すぎないこと

    豆まきで保育園の鬼役の配慮の2つ目は、怖すぎないことです。

    豆まきで保育園の鬼役の格好やお面が怖すぎると恐怖に感じることがあります。

    年長さんはリアルな鬼役でも迫力があり、盛り上がるかもしれませんが、低年齢児の子供たちにはリアルすぎる鬼役でなく、イラストなどの絵にしてみるのも良いです。

    1つ目の年齢を考えることの配慮とも被る部分もありますが、豆まきで保育園の鬼役は子供たちを楽しませる役割が重要なので、怖すぎる演技も避けましょうね。

    子供たちが楽しんでいる姿を見守りながら、驚かせつつも優しさを忘れずに配慮していくようにしましょう!

    豆まきで保育園の鬼役で子供への対応と立ち振る舞い

    豆まきで保育園の鬼役で子供への対応と立ち振る舞いについて、紹介していきます。

    子供への対応や立ち振る舞いで最も重要なことは、子供たちのペースを尊重することです。

    鬼役を怖がる子供は、無理に鬼役が近づいたり、参加させようとしないでください。

    保育園が嫌いになるだけです。

    子供自身が様子を見て、豆まき準備ができるまで待ってみたり、自分から楽しむ姿勢を見せるよう周りの保育士がサポートしていきましょう!

    豆まきで保育園の鬼役の子供への対応や立ち振る舞いの行動を紹介します。

    豆まきで保育園の鬼役は楽しい演技も加えること!

    豆まきで保育園の鬼役の演技は子供たちを楽しませるための役割でもあります。

    おかしなポーズを取り入れ、子供たちを笑顔にしましょう。

    また、鬼役は時折笑顔やおちゃらけた声かけも忘れずにしてみてください。

    鬼役は怖い役割でもありますが、笑顔を忘れずに子供たちに声をかけることで、子供たちは少しリラックスし、楽しめるようになっていきますよ!

    豆まきで保育園の鬼役は、子供たちにとって特別な存在です。

    豆まき行事の楽しみを最大限に引き出すために、子供への配慮と優しい対応、楽しい立ち振る舞いを取り入れてみて下さいね。

    豆まきで保育園の鬼役は安全を第一に!

    豆まきで保育園の鬼役は、安全を考えた立ち振る舞いもしなければなりません。

    子供たちの安全は最優先です。

    鬼役が近づいてきたがために、パニックになって逃げ出し、棚にぶつかったり、他の子供と衝突するかもしれません。

    急な動きや追いかけっこには十分に注意し、けがを防ぐように心がける立ち振る舞いをしましょう。

    豆まきで保育園の鬼役を怖がりすぎないためにも事前にできること

    豆まきで保育園の鬼役を怖がりすぎないためにも事前にできること2つを紹介します。

    • 豆まきの説明と理解をさせておこう。
    • 逃げ場を提供させておこう。

    豆まき行事を子供たちが楽しむために、事前に安心感を提供しておくもの良いです。

    まず、豆まきの説明と理解をさせておくことでは、豆まき行事前に、豆まきの楽しみや目的を説明しておきましょう。

    節分の由来や、豆まきの仕方など絵本や紙芝居を使って子供たちが分かりやすいように工夫します。

    子供たちが理解すれば、怖さが減ることがありますよ。

    また、豆まきで保育園の鬼役を怖がる子供たちには、あらかじめ逃げ場を提供しておきましょう。

    怖いと感じたら、安心できる場所に行けるように“鬼役が入れないコーナー”を作っておくのも1つの手ですね。

    実際子供たちと逃げ場のアイデアを話し合うのもおもしろいですよ。

    豆まきで保育園の鬼役の配慮についてのまとめ

    豆まきで保育園の鬼役の配慮は、年齢を考えること・怖すぎないことで、豆まき行事を楽しませるのが鬼役の役割でしたね。

    子供への対応や立ち振る舞いは、安全を考慮しつつ、子供のペースを理解した声かけや立ち振る舞いが大切です。

    子供たちが安心して豆まき行事を楽しむことができるよう、事前に説明や逃げ場を提供するのも良いですね。

    そうすれば、豆まきの行事が楽しく思い出に残るものになります。

    今回は、豆まきで保育園の鬼役について、子供たちが安心して楽しむための方法を紹介しました。

    今まで、豆まき行事が怖すぎた内容ばかりになってしまった保育士さんにとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。