保育士はピアノが下手でもいい?弾けない保育士の私の実体験を紹介!

保育士はピアノが下手でもいい?

    ※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています。

    保育士の仕事において、音楽は子供たちのリズム感覚の養うのに欠かせない要素の一つですよね。

    「保育士=ピアノが弾ける」と思っているがために、ピアノが下手・弾けないという理由で保育士を諦めてしまう人も多いです。

    8年間保育士として働いていた私は、ピアノが下手で今でも弾けませんが、たくさん音楽遊びを取り入れてきました。

    この記事では、私の経験をふまえ、保育士はピアノが下手でも、音楽遊びを楽しめる方法を紹介していきます!

    保育士はピアノが下手でも問題ない?

    保育士はピアノが下手でも問題ありません。

    ピアノを弾けるか弾けないかは、おおよそは園によっての問題になりますが、ピアノスキルについて考えると、ピアノスキルは必須ではありません。

    保育士の主な仕事は子供の保育と教育です!

    音楽遊びの一環としてピアノを活用することはありますが、ピアノが特別上手くてはいけないというスキルは必要ないです。

    保育士のピアノ下手なデメリット

    私が保育士をしていて感じた、保育士のピアノ下手なデメリットは以下の通りです。

    • ピアノの柔軟性に対応できない。
    • リズム感や音楽の基礎を自信もって教えることができない。

    保育士はピアノが下手でも問題ない、といっても、デメリットが全くないわけではないので、デメリットをきちんと理解した上で、どうしたら良いかを考えていくと良いです。

    ピアノの柔軟性に対応できない

    保育士のピアノ下手なデメリットの1つは、ピアノの柔軟性に対応できないことです。

    ピアノを柔軟に弾くことができると、子供の動きを見ながら臨機応変に音をつけることができたり、ピアノを上手く使うことで“静と動”といったメリハリもつけることができます。

    ピアノを弾ける保育士は、子供のリズム感覚や瞬時にその時に合った音を出すことができるので、音楽遊びの活動をより豊かに楽しくすることができますよね。

    臨機応変のリズム演奏通じて、子供たちに音楽の魅力を伝えることができますし、子供たちにとってはピアノの音がつくだけで楽しい体験でもあり、音楽への興味を育む手助けとなります。

    保育士でピアノ下手がために、身近な存在のピアノで音楽の魅力を最大限に伝えられないのは、保育士として心苦しさもあります。

    リズム感や音楽の基礎を自信もって教えることができない

    保育士のピアノ下手なデメリットのもう一つは、リズム感や音楽の基礎を自信もって教えることができないということです。

    幼児クラスになるとカスタネットやピアニカや木琴といった、楽器に触れ合う機会が増えてきます。

    私は、ピアノが下手と同時に音感音痴なので、楽器のリズム感さえも苦労しました…。

    ピアノを弾ける人はおおよそ、リズム感覚もあるので楽器を鳴らすタイミングなど子供たちに的確にアドバイスできてしまいますよね。

    ピアノ下手だと、どうすればタイミングよく楽器を鳴らせるようになるのか、上手く伝えられないんですよね。

    また、ピアノの演奏は子供たちがリズム感や音楽の基礎を学ぶのに役立つので、保育士のピアノ下手デメリットとして、弾けないことはやはり大きく感じてしまうのが事実です。

    保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法

    保育士がピアノ下手で弾けなくても、子供たちと音楽遊びを楽しむ方法はいくつかあります。

    • 手遊びをする。
    • 音のでる楽器を使う。
    • 音楽に合わせて体操する。
    • 楽器を作る。

    上記4つが特に保育士の私が実践してきた、あまりピアノを使わずに音楽遊びを楽しむ方法です。

    保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法を順番に紹介していきます。

    保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法①手遊びをする

    保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法1つ目は、手遊びをすることです。

    私は本当に手遊びをたくさん取り入れていました。

    なにせ手遊びはピアノを弾いていてはできませんから、ピアノが弾けようが弾けまいが、ピアノ下手でも全然関係ありません。

    年齢にあった手遊びや行事・季節にあった手遊びなど、とにかく保育士と子供たちが一緒に歌を歌って遊ぶ雰囲気をつくることで、子供たちも歌に親しみ、リズムをとろうとしますよ。

    保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法②音のでる楽器を使う

    保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法の2つ目は、音のでる楽器を使うことです。

    1つ目の手遊びと少し被りますが、手遊び歌の中に楽器を取り入れるやり方です。

    「おもちゃのチャチャチャ」を子供たちと一緒に歌い、”チャチャチャ”の部分で楽器を鳴らすということです。

    子供たちが楽器に興味を持ち、好きな楽器を使うことで、より一層リズム遊びも楽しくなりますよね。

    太鼓や鈴、カスタネットを使って、それぞれ違う音を知り、子供たちと一緒に歌に合わせて鳴らし、色々なパターンで歌を作るのもおもしろいですよ!

    保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法③音楽に合わせて体操をする

    保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法3つ目は、音楽に合わせて体操をすることです。

    わざわざピアノで弾かなくても、CDの曲を流して子供と一緒にリズム体操を楽しみましょう!

    リズム体操をする際は、必ず保育士は振付を覚えておくのはもちろん、子供たちの手本となるように、大きな動作を心がけましょう。

    からだを思いっきり動かせる音楽遊びは楽しいです。

    足を踏んだり、ジャンプをしたりと曲に合わせてからだを動かすことによって、子供たちは様々な感覚を養うことができますよ。

    保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法④楽器を作る

    保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法4つ目は、楽器を作ることです。

    ペットボトルの蓋を牛乳パックに付けて、カスタネットにしたり、ティッシュペーパーの箱と輪ゴムを使って、ギターにしたりと廃材で作る楽器は子供たちにとってとても楽しいです。

    楽器の音を模倣して作ることは、音感だけでなく、創造や知恵といった力がつきます。

    「きれいな音」や「低い音」など自分で作って出す音は、たくさんの発見がありおもしろいですよね。

    保育士がピアノ下手でも大丈夫な園もある

    何度も言いますが、保育士はピアノ下手でも問題ありませんが、私の経験上、正直やらないといけない時もあるのが事実です。

    「保育士だけどピアノは全く無理!」

    「保育士になりたいけどピアノは本当に自信がない!」

    という方ははじめからピアノを極力使わない園を探した方が良いです。

    保育士の仕事は、山ほどやることがあるので、毎度ピアノ練習に使っていては、心が折れてしまいます。

    なので、ピアノが必要かどうかは園の方針ややり方を事前に知っておくことに尽きます。

    どの先生も均等に音楽教育や音楽を楽しむ機会を提案する園は、ピアノは必須になってきます。

    しかし、近年増えてるのは、保育士がピアノ下手・弾けなくても全然問題なかったり、ピアノの代わりに他の音楽活動や楽器を導入して音楽体験を提案しているところもあることです。

    園によって方針ややり方は様々なので、ピアノ下手たど実感する人は、無理に練習をし続けるのではなく、はじめからピアノ必須でない園を探しましょう!

    保育士でピアノ下手だった私の実体験のまとめ

    保育士でピアノ下手だった私の実体験を紹介していきました。

    ピアノ下手は正直保育士としてデメリットもありますし、ピアノを弾けるに越したことはありませんが、保育士がピアノ下手でも音楽遊びを楽しむ方法はたくさんあります。

    ピアノを使わなくても、様々な方法を活用して私は、子供たちに音楽の楽しさを共有し、感性を育むこともしてきました。

    どうしても「ピアノは無理!」と思う方ははじめからピアノを必須にしていない園を探しておくのもおすすめしました。

    この記事を読んで、自分にあったやり方・探し方を考え、子供たちに音楽の楽しさを共有できる保育士になれるきっかけになれば幸いです。